【京都党伏見区支部長】松永たくや-Official Web-

トップページ > プロフィール > 初心 -なぜ政治なのか-

初心 -なぜ政治なのか- -松永たくや公式サイト-

初心 -なぜ政治なのか-

松永たくや- 初心 -なぜ政治なのか-

子どもの頃から、「社会に貢献できる、人の役に立つことができる仕事は政治家だ」と思ってきました。成長していくなかで、地域や世の中に対して自分が疑問に思ったことをどうやったら解決することができるか、どうやったら社会に貢献できるのかを私なりに考えてきました。

中学・高校と母校で生徒会長を経験し、「なぜ自分の学校には体育祭がないんだろうか?」という思いから当時母校では行われていなかった体育祭を企画いたしました。前例が無かったため、様々な困難がありましたが、学校、ご父兄、生徒みなさんからのご支援を頂きながら何とか開催させて頂くことが出来ました。力を結集することで、現状を変えることができるということを初めて学び、大きな経験となりました。

龍谷大学で過ごした学生時代には、富野暉一郎教授の下で行財政学を学び、子どもの頃からの疑問を解決するために京都市の調査を行いました。何度も何度も京都市役所に足を運び、ヒアリング調査・政策提言を行いました。しかし、情報の壁、市役所の壁は厚く、一学生の想いは決して届くことはありませんでした。諦めることがどうしてもできず、当時、京都市の不祥事問題に正面から取り組んでおられた村山市議の事務所の門を叩きました。その後、村山市議がその壁をいともたやすく乗り越え、届かない声を届けたとき、私は改めて感じました。

「一市民では変わらないが、その力を結集させれば、 その力があれば政治は変わる。」

当時、内定が決まっていた上場企業のお誘いをお断りし、村山市議の下へ押しかけそれからというもの、寝食を忘れ、村山市議の下で政治を学び続けて参りました。思えば、ここが私の原点でした。

ポスター掲示のお願い

松永たくやのポスター掲示のお願いご自宅、ガレージ、畑などにポスターをご掲示して頂ける方がいらっしゃいましたら、是非ご一報下さい。
ご連絡はこちら

活動報告をFacebookで閲覧

松永たくやfacebook日々の活動をフェイスブックでもご覧いただけます。左の画像をクリックしてください。

松永(まつなが)たくや公式サイト

京都党松永たくやHPトップへ